登山者必見!遭難や救助に備える山登りライン保険

LINEが提供するLINEほけん。

手軽にスマホ上から申し込めるだけあって大人気ですね!

今回紹介するのはLINEほけんの

本格登山安心保険です。

特にこんな方にはオススメですよ!

  • 登山は年間に数回
  • 遭難した時の救難費用を自費で用意できない
  • 登山道具が壊れた時の保障が欲しい

例えガイドさんが随行する登山でも遭難時の救援費用や、怪我をした時の治療費用は自費ですから登山の予定がある方は今回紹介するLINEほけんが必須です!

ちなみに他のLINEほけん同様に、本格登山安心保険の引受は損保ジャパン日本興亜です。

ラインほけんの本格登山安心保険(山岳保険)とは?

本格登山安心保険は、その名の通り登山(山登り)に特化した保険です。

結論から言うと、1回でも登山に行く予定がある方はこの保険に加入することを強くオススメします。

せっかく楽しい登山旅行でも、遭難してしまうと莫大な救援費用が請求される可能性があるからです。

登山(山登り)で遭難すると救援費用が請求されてしまう

登山の予定がある人にオススメなのが本格登山安心保険ですが、その中でも遭難時に対する保障こそが、オススメする最大の理由です。

例えば登山中(山登り中)に遭難するとします。

救助要請を行えば最初に対応してくれるのは警察・消防のヘリコプターですが、場合によっては公的機関のヘリが使えないこともあります。

そして次に対応するのが民間ヘリコプター(民間の救援隊)ですが、公的機関ではないため必然的に救援費用が請求されます。

もちろん遭難者は「公的機関のヘリに来てほしい」なんてリクエストはできません。

肝心の請求される費用ですが、いくら位だと思いますか?

なんと平均して、

50万円〜200万円!

生命は助かったとしても次に襲いかかるのが救援費用の支払い。。

地域によっては遭難者の救援は全て民間のヘリコプターが行うように独自のルールを定めた場所もあります。

そのため、1回でも登山の予定がある方はLINEほけんに加入しておいた方が無難です。

LINEほけん本格登山安心保険の保障内容は?

他の保険同様にスマホ上で簡単に契約することができます。

本格登山安心保険に加入すると、

  • 救援者費用等補償:200万円
  • 賠償責任保険:1億円
  • 携行品損害:5万円
  • 死亡・後遺障害保険金:82万
  • 入院保険金日額:1,000円
  • 入院中の手術保険金:1万円
  • 外来での手術保険金:5,000円

これが基本プランの内容です。

黄色のマーカーで書いた部分が特に重要な保障項目で、他の部分はさほど重要ではありません。

LINEの本格登山安心保険に加入すると、200万円までの救援費用を保障してくれますし、登山中に他人に怪我をさせてしまった場合や他人の持ち物を壊してしまった場合でも保障対象です。

また、自分の登山用品を壊してしまった時でも、3,000円の自己負担だけで新しい用品代を保障してくれます。

救援者費用等補償は家族の移動費や宿泊費もカバー

200万円までの救援費用をカバーしてくれる今回の保険ですが、他にも家族が現地に行く場合の渡航費用や宿泊代までもカバーしてくれます!

<救援費用等補償の詳細>

  • 捜索救助費用(200万円まで)
  • 家族2名分の交通費(往復)
  • 家族2名分の宿泊費(連続14日まで)
  • 諸雑費(現地での諸経費)
  • 移送費(現地の病院から自宅付近の病院まで等)

遭難時は家族の実質的なお金も必要になりますので、ここまでカバーしてくれるLINEほけんは心強い味方ですね!

LINE本格登山保険の掛け金はいくら?

気になる保険料ですが、500円〜と格安な料金設定になっています!

「〜(から)」が気になるところですが、実際に5泊6日の登山プランで試算してみた保険料の結果がこれです。

わずか582円で安心して登山(山登り)に行けるわけですから、使わない手はありませんよね!

ライン保険の本格登山安心保険に1日プランはある?

本格登山保険は保険期間を1日単位で設定できますから、日帰りで登山に行く場合でも加入することができますし、当日の加入もOKです。

しかし、2日間までは料金は同じ(500円)ですから、日帰りで登山に行く場合でも念のためを考えて翌日まで加入しておくと安心ですね。

本格登山安心保険プラスとは?

これまで紹介したのは標準プランですが、より手厚い保障を希望する方には本格登山安心保険プラスが用意されています。

保障範囲は標準プランと同じですが、保障金額がより手厚くなっています。

  • 救援者費用等補償:250万円
  • 賠償責任保険:1億円
  • 携行品損害:10万円
  • 死亡・後遺障害保険金:201万円
  • 入院保険金日額:1,000円
  • 入院中の手術保険金:1万円
  • 外来での手術保険金:5,000円

標準プランの救援者費用等補償は200万円でしたがプラスの場合は250万円となります。

ただ、個人的には標準プランで十分だと思っています。

ちなみに、本格登山安心保険プラスの保険料は、

標準プランより300円割高になっています。

より手厚い保障を希望する人はプラスに加入すると良いでしょう。

ライン保険の加入方法と支払い方法は?

LINEほけんはいつも使っているスマホのLINEアプリから簡単に加入することができます!

まずはLINEアプリを開きます。

そして右下にあるウォレットをタップすると、上のように「ほけん」がありますのでクリック。

次に「スポーツ」をタップすると本格登山安心保険(プラスも)を選択できますので、後は画面に表示される項目に従って手続きするだけでOK!

支払いはLINEペイを使うのでキャッシュレスで簡単!

万が一、事故が発生した時もLINEアプリから手続きできるのでお手軽です!

ちなみに1つのスマホから家族全員分の保険に加入することもできますので、家族で登山旅行に行く方にも便利ですね!